ブログ

大野勝彦講演会を実施しました

2011/09/19

社内行事の一環として、大野勝彦講演会を実施しました。

大野勝彦さんは作業中の事故で両腕を切断したのですが、事故後に詩画の制作を始め、
現在では阿蘇の風の丘美術館を拠点に講演なども合わせて積極的に活動されています。

大野さんが事故後、筆を執って文章を書いたのは、なんと事故後3日目とのことです。
それまでの自分の生き方を反省し、色々なことへの感謝、また芸術・文化・その他
日常的なことも含めた様々なことへの積極的な取り組みなど、約1時間の講演で
色々なことを話していただきました。

お話の中では詩(脚本)の朗読あり、踊りあり、また話術の巧さもあって、感動と笑いに
包まれた講演会になりました。

美術館には作品とともに、ビデオでの事故の再現ドラマや世話になってきた義手の展示、
また大野さん自身の創作活動を身近でみることや似顔絵を描いていただくこともできます。
ただし、講演の依頼に応じて美術館に不在のことも多いようですので、近くに寄ったら
美術館の敷地内の旗を目印に在館・不在が分かるようになっているようです(旗が3つ
上がっていたら在館)。

今からの芸術の秋、阿蘇への観光の際には美術館へ立ち寄ってみるのはいかがでしょうか?

「風の丘 大野勝彦美術館」
熊本県阿蘇郡南阿蘇村長野2514-20

o1
大野勝彦さん(最前列中央)を囲んで

ページトップへ