事業内容 サニタリー事業 - 防虫駆除・消臭殺菌など

入居前消毒

入居前消毒とは

入居前に害虫予防消毒を行い、お客様が気持ちよく新生活を始めていただくことができるサービスです。
肉眼では見えないダニや気持ちの悪いゴキブリを対象としたもので、荷物の入っていない状態で行うことによりお部屋の隅々まで作業が可能となり、その効果を上げることができます。
入居前にお部屋の清潔感を高めるこの消毒を是非お勧めいたします。

1.清掃サービスについて

ゴキブリ・ダニの予防消毒

噴霧器による薬剤の残留噴霧施工
ゴキブリの侵入口や発生源に薬剤を散布
※流し台・浴室などの水回りや各侵入口を中心に調査施工します。
畳部屋に専用薬剤の残留噴霧施工
※畳の表面に散布します。

空間機械噴霧消毒

超微粒子空間噴霧機械を使用
部屋全体に満遍なく燻蒸します。

2.保証施工(1年間)期間

作業後に”入居前害虫消毒保証書”を置かせていただきます。
記載してある作業日から1年間は、ゴキブリとダニに関して発生がある場合に再施工にサービスを行います。
保証書にある連絡先にお気軽にお問い合わせください。ご希望日をお打合せの上、作業員がお伺いいたします。

3.作業の様子(参考)

  • 流し台
    流し台
    残効性の高い薬剤を広範囲に散布し、接触効果により駆除を行います。
  • 部屋全体
    部屋全体
    超微粒子空間噴霧法により空間全体の消毒を行います。
  • 畳
    浸透性の高いアルコール製剤を使用し、畳の奥まで薬剤を浸透させます。(ダニ対策)

  • 水周り全般1
    水周り全般1
    残効性の高い薬剤を注入し排水口内の卵からの発生を予防します。
  • 水周り全般2
    水周り全般2
    必要に応じ食毒剤を各所に注入し、巣から根こそぎ駆逐します。
  • ベランダ
    ベランダ
    発生の多い外部からの侵入を防ぎます。

シロアリ防除

住まいの天敵シロアリからお住まいを守るには

シロアリは、日本全国どこにでも生息しています。

1月の平均気温が4℃を超える地域では、イエシロアリとヤマトシロアリが、それ以外ではヤマトシロアリが生息しています。つまり、シロアリは日本全国に生息しているということです。また、シロアリは光や風を嫌う生き物ですので蟻道(ギドウ)という土のトンネルを作って移動し住宅に侵入します。そのために、実際にシロアリを目にする機会が少ないだけなのです。つまり、シロアリは皆様の身近に存在している生き物なのです。

シロアリは優秀な忍者です

  • 右の写真のように、光や風を嫌うシロアリは、蟻道(ギドウ)というトンネルを作って移動し、見えないところから住まいのあらゆるところに侵入します。
    侵入したシロアリは木材の主成分であるセルロースから栄養を得ています。シロアリ以外にも木材をかじる虫はいますが、せいぜい穴を開ける程度です。一方シロアリは木材のほとんどを食べつくしてしまいます。そうしてシロアリに食べ尽くされた木材は強度が著しく低下してしまい、構造材としての機能を果たさなくなります。
    そのため、地震に対する耐久力も劣ることになります。
  • シロアリは優秀な忍者です

シロアリの侵入経路

  • シロアリは、どのようにして皆様のお住まいに侵入してくるのでしょうか。屋根から羽蟻が飛びつくという話もありますが、非常に稀です。ほとんどの場合、床下から知らない間に侵入して、どんどん住宅の木材を食べていくのです。シロアリからお住まいを守るためには、専用の薬剤で床下を処理し、シロアリを寄せ付けないことが大切です。
    シロアリは、暗くて湿った環境が大好きです。また、腐った木は食べやすく大好物です。そんなシロアリの好む環境を作らないよう、日常の小さな心がけを確認してみましょう。
  • シロアリの侵入経路

シロアリ調査

  • 九州の気候風土はシロアリにとっても好環境です。いくら建物が新しくても新築から5年経った建物はすでに薬剤の防蟻効果は期待できません。
    私たちはお客様の大切な財産を守るため、定期的な調査を提案しています。もちろん費用はかかりません。調査後には報告書をご提出させていただいており、お客様の好評を得ています。
  • シロアリ調査

シロアリ予防工事

  • 新築から5年経った建物や、前回の予防工事から5年を経過した建物には予防工事をお勧めしています。駆除工事に比べて安価な費用でシロアリの屋内進入や被害を予防できます。
    シロアリの被害が明らかになった時は、すでに被害がかなり広がっていることが多く、駆除費用以外にも建物の被害箇所の修復費用も必要になりますのでお早目の予防工事をお勧めします。
  • シロアリ予防工事

シロアリ駆除工事

シロアリが家屋進入して被害が発生している場合は駆除工事を行います。建物の構造や規模、シロアリの種類や被害状況に応じ、従来の薬剤残留工法や最新技術を駆使したベイト工法も施工しております。
ベイト工法は建物の土中にプラスティックのステーションを埋め込み、中に餌木を入れてシロアリを誘引します。餌木にシロアリが付いた時点でベイト剤(毒餌)と入れ替え、何も知らないシロアリは毒餌を巣まで運び、巣ごと死滅させる工法です。駆除後もステーションは埋めたままになりますので、以後はシロアリ進入を察知するモニターとして使用できます。

  • シロアリ駆除工事
  • シロアリ駆除工事

ねずみ・害虫など

衛生害虫駆除

生活する上で衛生上厄介な害虫は多数います。
ゴキブリ・ダニ・ハエ・アリを初め、ヤスデ・アオムシ・カメムシなど、ありとあらゆる衛生害虫の駆除・予防をいたします。
これらの害虫はいろいろな細菌を媒介するほか、アトピーや喘息のアレルゲンとなります。
駆除と同時に環境的防除法もご提案させていただきます。何なりとご用命ください。

加害害虫駆除

加害害虫には私たちの命に関わるものもいます。
特にスズメバチは私たちに身近な、危険な生物です。ぜひ私ども専門業者にご相談ください。ほかにも近年セアカコケグモの被害も福岡で発生しています。
その他ムカデ・ドクガ・イラガ・ナンキンムシ・シラミ・ノミ・ツメダニ・アブ・カ・アシナガバチ・ミツバチ・キクイムシなどの加害害虫全般の駆除施工を行います。

衛生・加害害虫駆除・捕獲

生活に悪影響を与えるのは「虫」ばかりではありません。ネズミは特に身近な衛生上問題になる動物です。病原菌の媒介をはじめ、電線を噛んで火事を起こしたり、飲食店では営業に大きな影響を与えます。
ほかに近年駆除依頼が増えているのはイタチです。民家の屋根裏に巣を作り、衛生上よくありません。イタチは保護獣なので、生きた状態で捕獲し、山に放したり、子供に至っては動物園に引き取っていただきました。
また、ヘビやアライグマなどのあらゆる動物の駆除や予防をしておりますので、気軽にご相談ください。

ページトップへ